PRIVATE FUTSAL LEAGUE "G.B.PREMIER LEAGUE"
THE OFFICIAL SITE OF G.B.PREMIER LEAGUE
CONTENTS
HOME
リーグ概要
クラブ紹介
日程&結果
順位表
GBPLニュース
関連リンク
過去の記録
■2006 SEASON
■2007 SEASON
■2008 SEASON
■2009 SEASON
■2010 SEASON
■2011 SEASON
■2012 SEASON


GBチャンピオンズリーグ

2013 SEASON
GBPLニュース LEAGUE NEWS
<最終節>GBPL大団円!F.C.SAUMA初優勝で8年の歴史に幕 11.27
 THE FINAL!11月16日、GBプレミアリーグ・ファイナルシーズン最終節が、MFP千住インドアコート(東京都足立区)で開催された。最終節までもつれ込んだ優勝争いは、前節、首位に返り咲いたF.C.SAUMAが、王者SWEEPSの追撃を振り切り見事に初優勝。GBPL最後のチャンピオンとなった。

 いよいよ大団円という雰囲気が会場全体を包む中、首位・SAUMAと2位・SWEEPSが有終を飾るに相応しいデットヒートを繰り広げた。
 互いに全勝で迎えた直接対決は、SWEEPSが先制するとすかさずSAUMAが追いつく白熱の展開に。会場中が固唾を飲んだ一戦は、SWEEPSが2-1で王者の意地をみせ、勝ち点1差に詰め寄った。
 しかし、残り2試合に勝利すれば自力優勝が決まるSAUMAは、この敗戦を引きずる事無く連勝。5戦全勝で意地を見せた王者SWEEPSの猛チャージを振り切り、悲願の初優勝を飾った。

 この日もサイドからスピード感溢れる攻撃で「楽しんで勝つ」を体現したSAUMA。わずか勝ち点1差で5連覇の夢が断たれたものの、5戦全勝で王者の名に相応しい強さを見せたSWEEPS。両チーム共、常に他チームの脅威として、そしてムードメーカーとしてリーグを牽引し続けた。

 優勝争いが白熱するあまり、すっかり存在薄になってしまった「ももチャレ(ももいろチャレンジャーZ)」は、エスコルピィが前節2位から逆転優勝。リーグでは低迷したエスコだが、最もSWEEPSを苦しめたチームとして「Stop the SWEEPS」の称号を手に入れた。SWEEPSの連覇を止めた結果だけをみれば、このモノノフ企画も一様の成果を納めたと言える。

 全日程終了後の閉会式は、全チームがひとつとなった和やかなムードの中行われた。各賞の表彰後、リーグから参加各チームに感謝状ならぬ感謝ユニフォームが贈られると、参加チームからチェアマンにお返しのユニフォームが贈られる逆サプライズも。全てのクラブ・選手に惜しまれながら「ビギナーの ビギナーによる ビギナーチックなフットサルリーグ」GBPLは8年の歴史に幕を降ろした。

 「8年もの長い間続けてこれたのは、参加してくれたクラブ、選手の皆さんが、リーグの理念に賛同し、勝ち負けでなく、共有する空間を楽しもうと協力してくれたからに他なりません。リーグとしてはとりあえず一区切りとなりますが、これでGBPLの親交が途絶えてしまっては、8年もやってきた意味が無くなってしまいます。所詮は"大げさな練習試合"。今後も各チーム同士の交流が発展できる様、尽力していきます」(リーグチェアマン)

 民間のビギナー大会で「ビギナー」とは名ばかりのチームにこてんぱんにされる苦い思いから「自分たちが楽しめる」リーグをと誕生したGBPL。もちろんレベルやスキルの差も様々で、衝突も無かった訳ではない。それでもGBPLが「楽しめる」リーグであったと断言できるのは、老若男女分け隔てなく笑顔で最後を迎えられた事実が何よりの証である。

 「WE LOVE G.B.P.L」。参加してくれた全ての "プレミアリーガー"に御礼申し上げます。
MUCH OBLIGED TO YOU.■

>>LEAGUE PHOTO PHOTO>>SCORE BOARD PHOTO

<最終節展望>THE FINAL!最後の栄冠はどのクラブに?! 11.13
 11月16日、G.B.プレミアリーグ・2013シーズン最終節が行なわれる。今季まで8シーズンに渡って繰り広げられてきた「ビギナーの、ビギナーによる、ビギナーチックなプチ・フットサルリーグ」GBPLもこれにて千秋楽。最後に栄光の優勝カップを掲げるのは一体どのクラブか?!

 GBPLファイナルシーズンの優勝争いは、初優勝を目指す首位・F.C.SAUMA。前人未到の5連覇でリーグを締めくくりたい2位・SWEEPS。そしてユベンキス以来6シーズン振り2度目の優勝を狙う3位・甦りクラブの3チームに絞られた。
 前節首位に返り咲き、勢いに乗るSAUMAがV最有力候補だが、初優勝へのプレッシャーが選手達のプレイにどう影響するか。SWEEPSの不安材料は当日のメンバー構成。ベストメンバーが揃えば逆転優勝も十分射程圏内。首位と勝ち点10差と数字上は厳しい甦クも、現在「ももチャレ(ももいろチャレンジャーZ)」では首位。リーグ2冠も狙えるだけにモチベーションは上位2チーム同様に高い。

 優勝の可能性こそ無くなった下位3チームも最後まで目が離せない。S.O.R.、エスコルピィは「ももチャレ」では優勝を狙える位置に付けており、前節勝ち点で5位エスコに並んだでFAKES UNITEDも最下位脱出に並々ならぬ意気込みを見せている。上位陣も当該チームばかりに目を取られていると思わぬ落とし穴が待っているかもしれない。

 最後の瞬間が刻一刻と近づいている。5シーズン振りに最終節までもつれ込んだ優勝争い。ファイナルシーズンに相応しい大混戦。6チームがそれぞれの思いを胸にラストゲームを迎える。■

<第5節>SAUMAが首位返り咲き!優勝の行方は最終節へ 10.26
 10月19日、MFP千住インドアコート(東京都足立区)において、GBPL第5節が開催された。注目の優勝争いは、前節、SWEEPSに首位の座を明け渡したF.C.SAUMAが再び首位に返り咲き。悲願の初優勝へ一歩前進した。

 残り2節の時点で上位3チームが勝ち点3差の中にひしめく大混戦となった今シーズンのGBPL。ファイナルシーズンに相応しい展開の中、4勝1分の好成績でSAUMAが首位返り咲き。メンバー不足により他チームから選手をレンタルする苦しい戦いを強いられたSWEEPS(3勝2敗)、甦りクラブ(2勝3敗)は思う様に勝ち点を奪えず、後じんを拝す結果となった。
 3チームに絞られた優勝争い。賜杯の行方は遂に最終節まで持ち込まれる事となった。

 下位3チームの順位争いも激しさを増してきた。5位スタートのS.O.R.は、SWEEPSに勝利する等、3勝を挙げ4位浮上。未勝利に終わったエスコルピィといまさら復調の兆しを見せ始めたFAKES UNITEDが勝ち点で並んだ。優勝の芽こそ潰えた3チームだが、こちらも上位グループ同様、最後まで目が離せない状況だ。

 リーグの予想以上の混戦で、すっかり影が薄れてきたもうひとつのランキング「ももいろチャレンジャーZ」は、第5節終了時点でが甦りクラブが首位。2位エスコルピィ、3位S.O.R.が追う展開。こちらもひっそり大詰めを迎えている。

 8年間の集大成となるファイナルシーズンは、未曾有の大混戦のまま、いよいよ最終節を迎える。泣いても笑ってもこれにて千秋楽。笑ってラストを飾るのは果たしてどのチームなのか?■

>>LEAGUE PHOTO PHOTO
>>SCORE BOARD PHOTO

<第4節>王者SWEEPSが首位奪取!V戦線は未曾有の大混戦 9.18
 9月14日、MFP千住インドアコートに於いて、GBプレミアリーグ第4節が行われた。
 約2ヶ月間の避暑中断明けの今節は、前半戦を3位で折り返したSWEEPSが持ち前の勝負強さを発揮。得失点差でF.C.SAUMAをかわし今季初の首位に立った。

 波乱の起きやすい中断明けの第4節。ファイナルとなる今シーズンも例外ではなかった。
 開幕戦から首位を走るSAUMAは僅か1勝止まり。下位チームに取りこぼす等、勝ち点5を積み重ねるに留まったSAUMAは得失点差で2位に後退した。
 代わって首位に立ったのは王者SWEEPS。前半戦を3位で終え、リーグ5連覇に黄信号が灯ったSWEEPSは、今季初めてベストメンバーが集結。パスワークと個人技を織り交ぜた多彩な攻撃で他を圧倒。4勝1分無敗の好成績で一気に首位に躍り出た。前節から好調を維持する甦りクラブも順位は3位に下げたものの、2勝3分の無敗で追走。その結果、勝ち点3差の中に上位3チームがひしめく未曾有の大混戦となった。

 下位に目を向けると、最下位のFAKES UNITEDが、勝てば首位キープだったSAUMAから金星を挙げる等、今節2勝。エスコルピィ、S.O.R.との差を縮め、ようやく最下位脱出の兆しを見せた。上位・下位二極化した展開となっているが、上位3チームが下位チーム戦を取りこぼす様な展開になれば、事態は更に入り乱れる可能性もある。

 ついに首位に立ったSWEEPSがこのままビクトリーロードを駆け上がるのか?並走するSAUMA、甦クがそれを阻止できるか?そして下位3チームの逆襲は?残すところ2節。どのチームが勝ってもおかしくない状況の中、レースはいよいよ最終コーナーへ突入する。■

>>LEAGUE PHOTO PHOTO
>>SCORE BOARD PHOTO

<第3節>混戦状態でリーグは後半戦へ 7.27
 リーグ開幕前、誰がここまでの混戦を予想しただろう。
 7月20日、前半戦折り返しとなる第3節が行われ、全15試合手に汗握る熱戦が繰り広げられた。リーグはこの後、約2ヶ月間のサマーブレイクに入る。

 例年よりも早い梅雨明けで、高温多湿なコートでの開催が懸念されたが、この日は爽やかな風がコート内に舞い込む絶好のコンディション。そんな気候が後押しするかの様に、ナイスゲームと呼ぶに相応しい爽快な試合が詰めかけたサポーターを熱狂させた。

 今節は3勝以上を挙げたチームが1チームも無い混戦状態。2勝2分1敗のFC.SAUMAが首位キープ。同成績の甦りクラブが、1勝3分1敗のSWEEPSを抜いて2位に浮上した。
 3位に後退したSWEEPSはここまでベストな布陣が組めない苦しい展開が続いている。上位2チームが好調を維持しているだけに、V5へ向けてやや雲行きが怪しい状況となった。

 下位のエスコルピィ、S.O.R.も今節2勝と確実に勝ち点を加算し、上位集団を追走。エスコはこの日唯一SWEEPSから勝利を挙げ「ももチャレ」首位に浮上している。今季未勝利だったFAKES UNITEDはようやく初勝利。この白星が上位浮上の切っ掛けとなるか。

 突出したチームが現れないまま、後半戦へ突入する今季のGBプレミアリーグ。過去例を見ない混戦状態を抜け出すのはどのチームか?そして王者の巻き返しはあるのか?泣いても笑っても残り3節。結末はまだ見えてこない。■

>>LEAGUE PHOTO PHOTO
>>SCORE BOARD PHOTO

<第2節>波瀾続出!今年のGBPLは面白いらしいぞ!! 7.1
 6月22日、MFP千住インドアコート(東京都足立区)に於いて、GBPL2013シーズン第2節が行なわれた。開幕戦で首位に立ったF.C.SAUMAがこの日も好調を持続し首位をキープ。一方、王者SWEEPSが2010シーズン以来の1節2敗を喫する等、今節も波瀾続出の面白い展開となった。

 この日の第1試合でSWEEPSがS.O.R.に敗れる波瀾で幕を明けた第2節。SWEEPSはその後も甦りクラブに敗れ、2010シーズン第4節以来の1節2敗。今季新設の新感覚ランキング「ももいろチャレンジャーZ」効果てきめんといった所か。
 4連覇中の王者を抑えて今節も首位をキープしたF.C.SAUMAは、攻守に豊富な運動量で他を圧倒している。2位以下を大きく離して早くも独走態勢だが、一転「ももチャレ」では最下位。つまりSWEEPSには分が悪く、好調ながら予断を許さない展開。

 下位に目を向けると開幕戦から復調を見せるチームが多い。甦クはエース道ガミ選手が5得点。リーグの重鎮・ナカ間選手が2得点を挙げる等、会場を沸せた。エスコルピィは新戦力が結果を残し、S.O.R.はSWEEPS戦の金星を含め2勝を挙げた。
 そんな中、開幕戦最下位のFAKES UNITEDはこの日も未勝利。しかも無得点と唯一結果が出ていない。内容的には決して悪く無いだけに、次節以降の巻き返しが大いに期待される。■

写真協力:ウエイブワン

>>LEAGUE PHOTO PHOTO
>>SCORE BOARD PHOTO

<第1節>ファイナルシーズン開幕!SAUMAが首位スタート 5.30
 5月18日、MFP千住インドアコート(東京都足立区)に於いて、GBPL2013シーズンの開幕戦全15試合が行われ、全6節に渡る熱き戦いの火ぶたが切って落とされた。

 いよいよGBプレミアリーグ・ファイナルシーズンの幕が上がった。
 今シーズンがラストと銘打たれた事も影響してか、和やかな中にもピリッと引き締まった緊張感のある試合が続出。そんな手に汗握る開幕戦で首位に立ったのは、F.C.SAUMA。勝利目前だったSWEEPS戦ではTama選手(SW)の女性2点ゴールで一気に逆転負けを喫する悪夢もあったが、勢力的な試合運びで他4試合を勝ち切り4勝1敗。リーグ参入3年目で最高のスタートを切った。

 今回は新たな試みとして、リーグの優勝争いとは一線を画した「ももいろチャレンジャーZ」なる特別ランキングを設置。これは、4連覇中のSWEEPSに対し、他5チームがどれだけ健闘したかを毎節ごとにポイント化し順位を競う前代未聞のモノノフ企画。優勝候補筆頭の絶対王者にひと泡吹かせたろ的なお楽しみ企画がまかり通るのもGBPLならでは。
 お楽しみの標的にされ、ちっともお楽しくないSWEEPSは、この日2勝3分の2位スタート。一見無敗で盤石な滑り出しも、内容的には「なんとか凌いだ」という印象。F.C.SAUMA戦、エスコルピィ戦では試合終了間際までリードを許すこれまでに無い苦しい展開を見せる等、早くも新企画効果が出始めている。本来の優勝争いさえも左右しかねない「ももチャレ」の今後の展開にも目が離せない。■

>>LEAGUE PHOTO PHOTO
>>SCORE BOARD PHOTO

今季でファイナル!GBプレミアリーグ2013開幕 4.22
 「GBプレミアリーグは今シーズンをファイナルシーズンと致します」。

 4月21日に開かれた「GBプレミアリーグ・キックオフカンファレンス」の席上、リーグチェアマンによって、今季2013シーズンが事実上のGBPLラストシーズンになる事が発表された。新シーズンの幕開けを告げるキックオフカンファレンスでの突然の閉幕宣言に、会場中の選手・サポーターからはどよめきの声が上がった。

 「常にどこかで区切りを、と考えてきました」と会見に臨んだリーグチェアマンは、「10年の方が区切りが良かったのでしょうが、現時点でそこまで先を見据える事ができませんでした。各クラブ間の交流が更に発展していくよう、末広がりの"8"シーズン目をひと区切りにしようと決断しました」と閉幕に至る経緯をコメントした。

 「これまで培ったクラブ間の交流を断つのではなく、発展的解散とでもいいますか、リーグ(設立時)の意義はある程度達成出来たのではないかと。もしかしたら来年も引き続きやるかもしれませんし、イメージとしては複数年から1年契約に代わったと捉えていただければ」と、来季以降の開催にも含みを残したが、「ファイナルシーズンを皆で楽しみましょう!」と、今シーズンがリーグの集大成となる事を強調した。

 開幕戦は5月18日。昨シーズン同様、主戦場・MFP千住インドアコートを中心に、6クラブ全6節で行われる。また、私設3リーグによって行われてきた交流大会「GBチャンピオンズリーグ」が、現在開催が未定となっている事から、上位3チームに与えられていた同大会出場権について今季は「適用せず」とした。

 「ビギナーの、ビギナーによる、ビギナーチックなプチ・フットサルリーグ」GBプレミアリーグのファイナルシーズンが間もなく幕を開ける。■

ページ先頭へ▲HOMEへ⇒

Ps Team Pd Pts
1 F.C.SAUMA 30 60
2 SWEEPS 30 59
3 甦りクラブ 30 38
4 S.O.R. 30 35
5 エスコルピィ 30 31
6 FAKES UNITED 30 25
→<Full Table>
<全日程終了>

Ps Team Pts
1 エスコルピィ 22
2 甦りクラブ 21.5
3 S.O.R. 18.5
3 F.C.SAUMA 18.5
5 FAKES UNITED 9.5
→<Full Table>
<全日程終了>

[ 2013 LEAGUE SPONSOR ]




(C)2006-2014 G.B. PREMIER LEAGUE ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC ALL RIGHTS RESERVED.