HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

01.8.27
初勝利へ!フェイクス再始動
 屈辱から得たものは果して何だったのか。
 悪夢の全敗最下位で終わった先週の大会後、初となる練習。何か胸に期するものがあったのか、己の無力さにやり場のない憤りを感じていたのか、それともただ早朝なので寝起き顔だったのか、25日の練習に参加した選手達は明らかに目つき、顔つきが違った。

 クラブは、「今後は、前回の大会で明らかになった弱点の克服に重点を置きたい」と、ほとんど皆無だった全員での練習をメインに行なっていく方針を固めた。

 最大の弱点はコミュニケーションの欠如。
 これは結成当初から問題視されていた事で、パス練習ひとつにも、顔見知りとばかり組んでしまい、積極的に自分から誘うという行動も見られない。それが試合での遠慮となり、コンビネーションにも影響していた。「新興チームならではの悩み」とコーチは指摘する。
 次いで問題なのがスタミナ。
 大会ではスタミナ不足から足が止まってしまい、マークを振り切られ、結果ボールを回され失点するという場面が多く見られた。

 そこで、クラブは練習のメインとして「負けたら罰ゲーム!ジグザグドリブルリレー対決」を実施。ブラジル代表チームも(多分)取り入れているこの練習メニューは、まず2チームに分かれて、均等に置かれたコーンに沿ってドリブル。ボールをバトン代わりにチームで早さを競うというもので、負けたチームには腹筋、腕立て10回という虎の穴も真っ青な罰ゲームが用意されている過酷なもの。

 ・・・フェイクス・ユナイテッド。初勝利の道はまだまだ険しい。■

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.