HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

06.2.26
完膚なき完敗/親善試合詳報
 日本中が「荒川・金メダル」の話題に湧く25日(トリノ時間同日未明)、東京渋谷の青少年総合センター・体育館に於いて、FCなりなりさん(主催チーム)、アローフットサルクラブさんとの親善試合が行われた。

 前節、見事に白星を挙げ、意気揚々と敵地に乗り込んだフェイクスであったが、まさに完膚なきまでの内容で2連敗。いとも簡単にその天狗の鼻をへし折られてしまった。

 サッカー部出身選手で編成されたという、アローフットサルクラブの華麗なパス回しに全く対応できず、付けばかわされ、離れればミドルシュートを決められ、成す術無しのお手上げ状態。
 FCなりなり戦においても、ボールばかりに目を取られ、相手にはしっかり裏を取られる同様の展開で、見事に自分達の「視野の狭さ」を露呈。
 あまりのやられっぷりに、結成当初のフェイクスを見てるかの様な錯角に陥ったサポーターもいた程だ。

 「今日は完敗。女神は我々にはキスしませんでした。上手いチーム程、しっかり練習してるし、声も出ている。お陰で自分達に足りない部分を明確にできたし、きっと選手達も何かを感じ取ってくれたはず。とてもいい経験になりました」

 昨シーズンから同等レベルチームとの対戦が多かった為、あたかも上達している様な印象がチーム内にはあっただけに、今回の結果にショックは隠せない。しかし、選手達は「シーズンはまだ序盤。次回は4回転シュートに挑戦する」と前向きなコメントで奮起を誓った。■
▲ハイレベルな相手に防戦一方。監督は選手達の「視野の狭さ」を指摘した

▲ゴール後の「イナバウアー」のパフォーマンスで腰を痛めたトク選手

▲爽快なまでの完敗。選手達は、速水もこみちばりの爽やかさで今後の奮起を誓った

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.