HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

06.10.16
予選リーグ突破で収穫の秋/大会詳報
 14日、今シーズン2回目となる大会、「Doシロート@新木場」(フットサルプラザBumb)に出場したフェイクスは、戦前の予想を覆し、強豪相手に予選リーグを突破。上位トーナメントに進出する健闘を見せた。

 普段はひとつ下の「超・ど素人」レベルですらモミクチャ状態のフェイクスにとって、「ど素人」という言葉が如何に名ばかりの空虚な単語であるかは、カカオ含有率99%チョコよりも苦い、過去の経験から十分熟知しているだけに、今回は結果よりも内容。GBプレミアリーグを見据えた「武者修行」の場と位置付けて大会に臨んだ。

 そんな姿勢が功を奏したか、貧乏くじフェイクスには珍しく、この日は度々運が味方した。

 12チームを3つに分けた予選リーグ。初戦では、開始早々、明らかに格下のフェイクスが先制点を奪うと、焦って攻め急いだ相手がミスを連発。お陰で、終始劣勢の展開ながら、そのまま逃げ切り1-0。思いがけず好スタートを切った。
 続く2戦目、3戦目は善戦及ばず1分1敗としながらも、1位チームが全勝した事で2位以下が混戦。結果的に初戦の1勝がモノをいい、見事予選2位通過となった。
 「たった1勝、たった1点」で予選を通過した省エネぶりには、小池百合子前環境大臣も「実にエコロジー」と賛辞を送ったとか。
 とにもかくにも強運が重なったフェイクスは「上位トーナメント」という、神々しい響きの合戦場へコマを進めた。

 しかし、やはり上位トーナメントは上位チームのトーナメントである。予選では踏ん張っていたディフェンスも、更なる強豪相手には力及ばず1-3の完敗。夢の舞台は1回戦であっさり幕を閉じた。それでも一時は1点差に詰め寄る等、過去には無かった粘りを見せ、男30代、まだまだ成長中である事を実感させた。

 「内容も結果もこのレベルの中で良くやったと思う。やはりこのくらい(のレベル)になると、ちょっとしたミスが失点に繋がる。(GBプレミア)リーグに向けて、選手達にはいい経験になったと思う」

 図らずも、チームにとって実り多き「収穫の秋」となった今回の大会。この日の経験をリーグで活かせるかどうかは選手達次第。第4節は今週末21日。まずはその日までに筋肉痛が完治しているかが気掛かりである。■
▲この日は最終ラインに入り守備でも貢献したリュウジ選手

▲相手ゴール前、セッキー選手が詰め寄るも得点ならず

▲上位トーナメント1回戦では、力の差を見せつけられ、1-3の完敗

▲運も重なり見事予選リーグを2位通過。GBPLへ向けて貴重な経験を積んだ

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.