HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

08.5.19
序盤連敗も盛り返して4位/大会詳報
 17日、「男前強化月間」のラストを飾る「FS森下カップ85総当戦」(@フットスクエア江東・森下)に出場したヌーブラヤッホなフェイクスは、序盤3連敗を喫しながら、後半盛り返し7チーム中4位と、まずまずの結果を残した。

 今シーズン初の大会&GBPL開幕を1ヵ月後に控えた貴重な実戦とあって、気合十分で臨んだものの、砂混じりのスリッピーなコートに足元を取られる等、波に乗れないまま、早速7チーム総当りの初戦を落としてしまう。
 続く2、3戦も無得点で連敗。4戦目には、この日フェイクス正式デビューを果たしたカトウ選手が公式戦初ゴールを挙げる等、2-0とリードしながら、残り30秒で悪夢の2失点。初勝利目前の同点劇にベンチは呆然自失。チームは毎度お馴染み最下位街道を全力疾走で駆け上がっていった。

 いつもならこのままズルズルずる剥け状態に陥る状況だが、リーグに向けて結果を残したいフェイクスは、ここで気合を再注入。
 メグ選手の献身的なプレッシングや、サトチャン選手の縦横無尽のカバーリング等の活躍もあり、残りの2試合を見事連勝。何とか2勝1分3敗の4位で大会を締めくくった。

 「一時はどうなる事かと思ったが、どの選手もいい働きをしてくれた」と、クラブフロントは選手達の活躍に一様の賛辞を与え、MIPには大量4選手を選出した事を明らかにした。一方で「個人の能力に頼る部分も多かった。(リーグ開幕まで)残り1ヶ月で全体の底上げが必要」と問題点も指摘している。

 約1ヶ月に渡った「男前強化月間」を終え、いよいよチームはリーグ開幕モードに。今年は昨年以上にサポーターの期待は大きい。何故なら、すっかり男前度が上がった選手達を世のオバさま達が放っておく筈が無いからだ。■
▲ピッチを縦横無尽に駆け回ったサトチャン選手

▲デビュー戦で3得点と早くも期待に答えたルーキー・カトウ選手

▲前線での献身的なプレスで相手の攻撃の芽を摘むメグ選手

▲3連敗スタートも、後半2試合を連勝。選手達にも安堵の表情が

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.