HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

08.10.17
1勝を切っ掛けに好転/大会詳報
 12日、フェイクスは来る25日開催予定のGBプレミアリーグ第4節を見据え、「FS森下カップ総当戦」(@フットスクエア江東・森下)に出場した。結果は前回5月の大会同様、序盤連敗スタートを後半盛り返す粘りの展開で、2勝1分2敗。6チーム中4位で大会を終えた。

 初戦0-5。続く2戦目も0-3。およそ超初級大会とは思えない相手チームの華麗なパス、フェイントに翻弄され、次々とゴールネットとたわわな脂肪を揺らされる。「成す術なく」早々に惨劇を味わったフェイクスベンチには、縁側の老爺と化した選手達の生気の無いうすら笑顔が並んた。

 しかし、次試合までの試合間隔が30分以上空いた事と、会場を間違えて遅れていたセッケン選手がようやく合流した事で、チームは好転。
 第3試合にはリュウジ選手の2ゴールで初勝利。第4試合で今大会の優勝チームに唯一引き分ける健闘を見せると、最終戦も見事勝利。リーグ前節で見せた攻守のバランスを取り戻したフェイクスは、前半とは打って変わった粘りと集中力で、後半3試合を無敗。結果4位ながら、あたかも優勝チームのような上機嫌で大会を終えた。

 「セッケン選手が入り守備が安定した事で攻撃にも厚みが増した。1勝してからの雰囲気も良かったし、初戦の大敗で選手達に守備意識が芽生えた事が後半の好結果につながった」(クラブフロント)

 今回のMIPには連敗スタートからの巻き返しを評価し、「社員旅行組」・「居残り組」それぞれから2選手ずつ大量4選手が選出された。
 たった1勝を切っ掛けに、連敗で落ち込んでいた事をコロッと忘れ、リーグ戦へ弾みをつけたフェイクス。次回リーグ戦でも、この単細胞ぶりを発揮し、「社員旅行組」不在の危機的状況を乗り切って欲しい。■
▲初戦・第2戦は格上相手にいい所無し。大惨敗でムード急降下

▲GKと1対1となるヤス選手。惜しくも阻止されるが、最終戦では見事決勝点を挙げた

▲キレのあるプレイでエース復活をアピールしたモト選手

▲この日も再三の好セーブでピンチを救ったジャンボ選手。リーグ戦欠場は実に痛い

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.