HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

08.12.17
3リーグのプライドが激突!!/大会詳報
 6日、異なる3つの私設リーグ同士による夢の交流大会が、東京都渋谷区の国立オリンピック青少年センターにおいて開催された。

 GBプレミアリーグ(GBPL)、MSYリーグ(MSY)、GBブンデスリーガ(GBBL)が来シーズン以降に本格開催を目指す「GBチャンピオンズリーグ」のプレ大会に位置付けられた今大会には、各リーグから総勢6クラブが集結。リーグ同士のプライドがぶつかる、本家チャンピオンズリーグさながらの熱戦が繰り広げられた。

 リーグ3位という中途半端な成績ながら、唯一GBPL代表としてひょっこり出場したフェイクスだったが、悲しいかな最終節で優勝を逃した勝負弱さをこの日も遺憾無く披露。全チーム総当りの予選リーグでは、各リーグの猛者を相手に善戦するも、力で押し切られる負け犬相撲で1分4敗の最下位。決勝トーナメント進出を逃し、5、6位決定戦に回る事となった。

 予選最下位ですっかり卑屈なおっさんと化した選手達だったが、このままではリーグを共に戦った他のGBPLクラブに顔向け出来ないと再奮起。
 今期のラストゲームともなったYOKOHAMA(GBBL)との順位決定戦では、予選で右足を負傷したオイカワ選手を欠く交代選手無しの状態ながら、各選手が集中力みなぎるプレイを展開。卑屈根性から芽生えたガムシャラさがチームに好転を生み、混戦からケイタ選手が先取点を奪うと、その虎の子の1点を守りきり大会初勝利。何とか総合最下位を免れ、リーグの面目を保った。

 「予選では他チームの勢いに終始圧倒されたが、上手く底力を引き上げてもらった感じで、試合を追うごとに動きが良くなった。これも交流戦の副産物。(順位決定戦は)おっさんなりに意地を見せられて良かった」(クラブフロント)

 フェイクスには一切無縁だった決勝トーナメントでは、予選リーグを1位、2位通過したS.O.J、MB UNITED(共にMSY)が1回戦でそれぞれ敗れる波乱。決勝で渋谷メタボリックスを破った聖蹟クリスタル(共にGBBL)が見事優勝を飾った。
 予選無敗の首位通過ながら2度のPK戦敗退で4位に終わったS.O.Jと結果的に肩を並べ(てしまっ)た、予選未勝利のフェイクスは、「ホント申し訳無いっス」的な表情で5位の表彰を受けた。

 強豪との対戦で一瞬の覚醒は見せたものの、来期以降、同大会で対等に渡り合うには、地道なレベルアップは不可欠。夢のチャンピオンズリーグ出場への道は険しく遠い。■
▲3リーグから6クラブが集まったCLプレ大会。各リーグ代表同士が凌ぎを削る熱戦を繰り広げた

▲予選リーグ未勝利に終わり、グチグチブツブツひがむおっさんフェイクス

▲他リーグの強豪相手に引っ張られ、いつも以上の動いちゃう副産物も

▲5位の表彰を受けるヤス選手。最終戦の勝利で何とかリーグの面目を保った

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.