HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

08.12.26
08シーズン総括
 年々歳を重ねるごとに、時の早さを実感する年の瀬。今シーズンの全日程を終え、すっかりオフを満喫するフェイクスの選手達だが、今年は全てにおいて消化不良な一年だっただけに、来シーズンに賭ける思いは、既に高まっているに違い無い。

 今年もあと一歩の所で優勝を逃したG.B.プレミアリーグ。昨シーズン同様、最終節でのV逸という結果だけ見れば大健闘だったと言えるが、開幕戦から維持した首位の座を守り抜けなかった勝負弱さや、そもそも他チームに「まだ狙える」と思わせるだけの脆さを克服しなければ、悲願成就は程遠い。

 また、得点力不足はここにきて極限状態に達している。ゴール前でのミスは然る事ながら、シュートへの積極性も額の生え際同様、年々後退している。今期得点王のモト選手ですら二桁に届いていない状況からも、もしGKジャンボ選手らの堅守が無ければ、散々たる結果が待っていた事は容易に想像できる。

 一方、来シーズンに向けて新たな動きも。
 8月に初めて自主開催した大会「FUカップ」で対戦した他私設リーグ「MSYリーグ」、「GBブンデスリーガ」との間でチャンピオンズリーグ構想が浮上。同構想は12月のプレ大会を経て「GBチャンピオンズリーグ」として本格開催する事が決定。
 フェイクスが目指す「下手でもプロ選手気分で楽しみたい」という理念は、更なる発展を遂げようとしている。

 三たび「勝チニイクヨ!!」をスローガンに掲げながら、三たび結果を得る事が出来なかった今シーズン。来シーズンは「リーグ優勝」の他に「チャンピオンズリーグ出場」という新たな目標も加わり、更に厳しい戦いが予想される。

 蹴り納めとなった20日のチーム練習では、各選手が積極的に練習に参加。リーグ優勝を逸し、一時は崩壊しかかったチームが、来シーズンに向けて再びひとつになった。
 アラフォ−世代に突入した選手達に残された時間は多くは無い。己の為、チームの為、そして楽しむ為に自分は何をすべきか。来シーズンこそは明るい回顧をここに記したい。■
▲今年も詰めの甘さが際立ったGBプレミアリーグ。来シーズンこそ捲土重来を期す

▲唯一人マニフェストを達成したセッキ−選手。来期は今期達成した「体重二桁」キープが目標

▲8月には他私設リーグとの夢の交流戦が実現。これを切っ掛けにCL構想が始動

▲20日に行なわれた今シーズン蹴り納めでは、来期を見据えた密度の濃い練習が行なわれた

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.