HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

09.5.26
過去最悪の最下位スタート/GBPL第1節
 23日、GBプレミアリーグの2009シーズンが開幕(@MFP千住インドアコート)。悲願のリーグ初優勝を目指すフェイクスは、期待された新フォーメーションも機能せず、まさかの最下位スタートとなった。

 緒戦の相手は昨シーズン2位のSWEEPS。同じく初優勝を狙う強豪を相手に互角の展開を見せるも、終盤一瞬のミスを突かれ失点。肝心要の試合を落とした原因は課題のコーチングだった。
 出鼻を挫かれる格好となった初戦の尾を引いてか、続くユベンキス戦でも攻守にちぐはぐなプレイを見せる選手達。単発続きの攻撃から徐々に劣勢を強いられ0-2の完敗。いきなりの連敗スタートとなった。

 まずは先取点を奪って主導権を握りたいフェイクスだったが、昨シーズン王者のS.O.R.戦、新規参入のエスコルピィ戦も得点を奪う事が出来ず、引き分けに持ち込むのが精一杯。結果、無得点0勝2分2敗。他4チームが拮抗する中、独り取り残されたホームアロ−ン状態の最下位に沈み、三十路のマコーレー・カルキンは初優勝どころか過去最低のスタートとなった。

 試合後会見の席に姿を現したクラブフロントは、「開幕戦という条件を差し引いても選手達の動きは悪かった。声出し、顔出しどちらも全く出来ておらず、新フォーメーションがどうとか言えるレベルではなかった。最後の2試合を無失点で終えた事が唯一の救い」と敗戦の弁を述べると、「まだ先は長い。今回の結果を重く受け止めて早急に立て直していきたい」と、次節以降の巻き返しを誓った。■



→GBPLオフィシャルサイト


→GBCLオフィシャルサイト
▲初戦のSWEEPS戦は一瞬のミスが響き0-1の惜敗

▲連敗後の2試合はサトチャン選手を中心とした堅守で無失点に

▲期待の新フォーメーションも機能せず攻撃は終始単発に終わった

▲最下位スタートの現実に直面したフェイクスの選手達。次節に巻き返しを誓う

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.