HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

10.6.22
強化合宿打ち上げ!リーグ戦巻き返しに手応え
 GBプレミアリーグ開幕戦でまさかの最下位と出遅れた「フットサル界のブブゼラ」ことフェイクスは、その巻き返しを誓い、19、20日の2日間、長野県軽井沢で2年ぶりの強化合宿を行った。

 創設10周年プロジェクトの一環として計画されていた今回の記念合宿は、リーグ戦の出遅れを取り戻す為に、標高1000メートル近い軽井沢での高地強化合宿となった。

 現地到着後、300人を越える地元住民の熱い歓迎も特に無く、早速練習を開始。高地トレ―ニング専門家の指導の元、走り負けした開幕戦の轍を踏まぬよう、主に「走力」に重点を置いた特別メニューを消化した。「軽井沢」といえば、2005年の合宿中にジャンボ選手が大怪我を負った鬼門の場所。しかし、そのトラウマが選手達の集中力を研ぎ澄まし、怪我人も無く、無事4時間の練習を終えた。

 練習後は宿舎に戻り、W杯「日本-オランダ」戦をテレビ観戦。高地では呼吸数と尿回数の増加による脱水症状が懸念される為、細かな水分摂取を指導されていた選手達は、細やかにアルコールを摂取し続けながら、日本代表に熱きエールを送った。

 翌2日目は合宿恒例の観光デー。前日の高地トレーニングの疲労からか、二日酔いにも似た症状を訴える選手が相次ぎ、一行のテンションこそ低かったものの、そこは観光地・軽井沢。土産物を購入する選手、ご当地グルメに舌鼓を打つ選手、放心状態でベンチに座り込む選手等、各々が楽しいひと時を過ごし、強化合宿を打ち上げた。

 「まずは怪我人が出なかった事が一番。練習メニューも殆ど消化でき、過去最も充実した合宿だった」と、クラブ関係者も手応えを感じた今回の合宿。悲願のリーグ制覇を達成する為にはこれ以上の出遅れは許されない。チームの結束力も高まり、新たな気持ちで26日のリーグ第2節に臨む。■


▲2年振りの合宿は走力アップに重点を置いたメニューを消化

▲練習途中にはセッキ−先生のフットサル講座も開講

▲宿舎ではW杯「日本-オランダ」戦を観戦

▲応援に熱が入り過ぎて足がつるセッキ−先生

▲充実の合宿を終えた選手達。リーグ戦巻き返しを誓う

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.