HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

10.7.18
梅雨明け間近!?今季リーグ初勝利!!/GBPL第3節
 17日、毎度おなじみ流浪のフットサルリーグ「G.B.プレミアリーグ」の前半戦を締め括る第3節が、MSP千住インドアコート(東京都足立区)において開催された。ここまで2節を終え、今だ勝ち星の無い最下位フェイクスもようやく初勝利をゲット。この日の天気同様、梅雨明けを感じさせる結果を残した。

 イニエスタ、ロッペン、スナイデル…。頭頂部だけはワールドクラスの選手が揃うフェイクスだが、ここまでチームは引き分けを挟んで公式戦12連敗中とまさに崖っ縁。そんな過去最悪の状態の中、ようやく浮上の兆しが見えてきた。
 コンディションが万全で無い選手も強行出場する等、スクランブルなエッグ状態ながら、「今節結果を残せなければ終戦」という選手達の悲愴感のこもったプレイが好結果をもたらした。

 初戦のエスコルピィ戦では、先制点を奪われ嫌な雰囲気が漂う中、この日公式戦デビューを果したシモクン選手が攻守の潤滑油となり次第にリズムを掴むと、途中出場のケイタ選手が鮮やかな同点ゴール。貴重な勝ち点1を奪うと、S.O.R.戦では鳴りを潜めていたパス攻撃から、セッキー、ワカバヤシ両選手のゴールで2-0の快勝。待望の今季リーグ初勝利を挙げると、続くユベンキス戦も0-1の劣勢をドローに持ち込む粘り強さを見せた。
 首位SWEEPSには惜敗を喫したものの、「ようやく初日が出てホッとしました。これからも、一番、一番、一生懸命頑張ります」と息荒げにインタビューに答えた力士達の顔には長いトンネルを抜けた安堵の表情が浮かんでいた。

 リーグはこれにて前半戦が終了。避暑中断を終え9月に再開される。単独最下位の状況は依然変わらない。この日の雰囲気を次節まで持続し、まずはGBCL出場圏となる3位、そして更なる高みへ。幕内残留へのイバラの道はまだまだ続く。■



→GBPLオフィシャルサイト


→GBCLオフィシャルサイト
▲この日公式戦デビューのシモクン選手がチームにリズムを生んだ

▲エスコルピィ戦に続き、ユベンキス戦でも貴重な同点ゴールを奪ったケイタ選手

▲折角の得点にも何故か盛り上がってくれない会場を自ら鼓舞するセッキ−選手

▲依然最下位ながらリーグ戦今季初勝利でチームにもようやく安堵感が

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.