HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

11.5.31
主力揃い踏みで3位の好発進!!/GBPL第1節
 開幕戦のチケットと総選挙投票権が同封された最新シングルも売れ行き好調。6年目を迎えて尚勢いを増す自主フットサルリーグ「GBプレミアリーグ」2011シーズンが、5月28日に開幕。今回こそ夢のセンターを目指すフェイクスは、久々にベストメンバーが揃い、下馬評を覆す速報3位の好スタートを切った。

 今シーズンのオープニングゲーム、初参入のF.C.SAUMA戦に登場したフェイクスは、サトチャン選手のセンタリングが直接入るラッキーなゴールで幸先良く先制するも、後半追い付かれ「あ痛たったー」のドロースタート。苦手SWEEPSに力でねじ伏せられると、続くS.O.R.戦では痛恨のパスミスで連敗。早くも「あ痛たったー×3」で、終戦宣言Yes!状態に陥った。

 この日のフェイクスは、久々にベストメンバーが集結。主力選手がディフェンスラインに入った事で守備が安定し、積極的な攻撃も数多く見られた。
 「決定的なミス等もあったが、全体的には悪く無かった。勝てば流れは変わると思っていた」という選手達の言葉通り、4試合目の甦りクラブ戦で今季初勝利を挙げると、最終エスコルピィ戦も連勝。何とか後半で立て直し、2勝1分2敗。得失点差で3位と予想外の好発進となった。

 しかし、これでチームの問題点が解消されたと勘違いしてはいけない。今回はベストメンバーが揃ってやっと互角に戦えた状態に過ぎず、主力選手に頼ってしまう体質は相変わらず。今後上位に喰らい付いていくには、主力選手以外の、つまり問題点が解消されない選手達の底上げが必要不可欠だ。

 リーグ戦は始まったばかり。今季終了時に用意されているのは歓喜か?それとも惨劇か?シナリオの結末を作るのは、ファンの組織票でも秋元康でも無い、選手達自身だ。■



→GBPLオフィシャルサイト


→GBCLオフィシャルサイト
▲オープニングゲームのF.C.SAUMA戦は先制するもドロー

▲球際に力強さを見せ、復調の兆しを見せたリュウジ選手

▲シモクン選手は攻守のバランス役として奮闘

▲8ヶ月振りにピッチに立ったサトチャン選手。3位発進の立役者に

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.