HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

11.7.12
ヘロンヘロンのベロンベロン/親善試合詳報
 この日に合わせたかの様に昨年より8日早く梅雨明け宣言された7月9日、浅草ROXスーパーマルチコート(東京都台東区)において、永遠のライバル・ユベンキス改め甦りクラブさんとの親善試合、通称「下町のエルクラシコ」が行われた。

 気温30℃強。宿題は涼しい午前中にやっちゃいなさいとお母さんに言われた筈なのに、朝9時スタートのコート内は既に蒸し風呂のサウナ状態。うますぎて申し訳ない洋食店や、新台入荷のパチンコ屋の開店を待ちわびる多くのギャラリーが退屈しのぎに見守る中、老齢な選手たちのデトックスかつデッドオアアライブなゲームが繰り広げられた。

 粘り強いディフェンスが功を奏し、4勝1分1敗と予想外の好成績を残したフェイクスだったが、相変わらず攻撃のアイデアに乏しく、特にパス交換時の連動した動きは皆無。「パスがくるときは、自分が入ってからパスを呼べ。いいか。長幼の序がわかっている自衛隊ならそんなことやるぞ。分かったか?」と喝を入れられる場面もあり、今後に課題を残した。

 2時間で6試合という人命優先なゆとり進行にも助けられ、何とか病院搬送者ゼロで試合を乗り切ったものの、体力的にゆとりの範ちゅうを越えた選手たちは完全に放心状態。試合後のロッカールームでは、海岸に打ち上げられたアザラシの様にグッタリと横たわる選手達の姿が多数目撃されていた。

 熱戦を終えたアザラシ達は下町のオアシス「ニュー浅草」に会場を移し、2チーム合同の暑気払いを開催。意外にも初となる両チームの親睦会は、とても昼時とは思えないレベルで盛り上がり、会場はミニ浅草サンバカーニバルと化した。

 互いに好敵手としてフットサル界の最底辺を盛り上げてきたフェイクスと甦りクラブ。リーグ戦では苦戦が続く両チームだが、上位浮上に向けてきっかけを掴む、有意義なダブルヘッダーとなった。■
▲聖地・浅草で行なわれた久々の伝統の一戦「下町のエルクラシコ」

▲五厘刈り親子

▲高温多湿のコンディションに完全グロッキーな選手達

▲大いに盛り上がった2チーム合同の暑気払い。実はこの時点でまだ午前中

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.