HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

11.11.15
UNITEDを体現!滑り込みでGBCL出場権獲得/GBPL第6節
 クラブ身売り問題に揺れるフェイクス DeNA ユナイテッドは、11月12日、自主リーグ「GBプレミアリーグ」の2011シーズン最終節に臨み、2勝1分2敗。身体中の皮下脂肪を集中させて何とかリーグ3位に滑り込み、GBチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

 3位と勝ち点1差の4位で迎えた最終節。昨シーズン最下位の雪辱と2年振りのGBCL出場を懸けて、ほぼベストメンバーが集結。2位から最下位すべての可能性を残したまま、運命の日を迎えた。

 ライバル・甦りクラブとの緒戦。サトチャン選手が幸先よく先制点を挙げると、途中交代のセッキー選手が技ありの追加点。遅刻プラス準備運動ゼロのバチが当たったセッキー選手はこのワンプレイで足を痛め負傷退場。まさに線香花火が落ちる一瞬の輝きでチームに勝利をもたらした。
 その後、SWEEPS、エスコルピィには善戦及ばず惜敗を喫するも、下位チームから確実に勝ち点を獲得したフェイクスは、もがき苦しみ笑われながら何とかリーグ3位を確保。2シーズン振りにGBCL出場を決めた。

 「昨年と同じメンバーながら、最下位から最低限の目標(3位以内)を達成出来た事にクラブの成長を感じた。おじさんもまだまだやれる、という事を何より自分達自身にアピール出来たと思う」(クラブフロント)

 今シーズンは開幕3位とまずまずのスタートを切りながら、節を追う毎に4位、5位となだらかに下降。第4節で再び3位に浮上するも翌節には痛恨の未勝利と、橋田壽賀子もびっくりのドタバタ劇を繰り広げた。結果如何では2年連続最下位の可能性もあった中、「絶対にクラブを3位以内に」という選手達の一体感とバラエティ番組にあるまじき痛々しい程の悲壮感が、今シーズンのスローガン「UNITED」を体現した好結果を生んだと言える。

 最終目標は勿論、悲願のリーグ優勝。三連覇SWEEPSの牙城はそう簡単には崩れない。「優勝するまでリーグは存続させる」とナベツネばりに豪語するクラブフロント陣。少なくとも向こう30年は続ける事になりそうだ。■



→GBPLオフィシャルサイト


→GBCLオフィシャルサイト
▲初戦の甦りクラブ戦から気合の入ったプレイを見せるモト選手

▲攻守に貢献したシモクン選手(前)とサトチャン選手

▲目標の3位確保に安堵の表情を浮かべる選手達

▲雄叫ぶジャンボ選手

>>MORE PHOTO

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.