HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

11.11.30
労いゴール連発で得点王争いが激化
 自主リーグ「GBプレミアリーグ」も閉幕し、今シーズンも残る興味は個人タイトルのみとなったが、ここに来てにわかに得点王争いが激しさを増している。

 26日、フットサルチームとして初のモンドセレクション受賞を目指すフェイクスは、リーグの盟友・エスコルピィさん、F.C.SAUMAさんと親善試合を行なった。(@東台SC)

 11月下旬とは思えないカマキリも舞い降りる穏やかな気候の下行なわれた試合は、今シーズンのリーグ運営を労う相手2チームの粋な計らいか、珍しくフェイクスのゴールラッシュ。6勝1分1敗と大きく勝ち越した。

 キレのある動きで5ゴールと荒稼ぎしたタンヤオ選手が一気に得点王争いに加わると、モト選手、ケイタ選手も負けじと2ゴール。この日は得点王最有力候補のワカバヤシ選手が欠場した事もあり、千載一遇のチャンスと貪欲にゴールを狙い、リーグ戦で溜まったゴール欠乏のフラストレーションを思う存分発散した。

 今シーズンは12月10日の親善試合がラストゲーム。果して得点王の称号「ゴールデンベイベー」を手にするのはどの選手か?リーグ戦のプレッシャーから解放されたおじさん選手達の最後の悪あがきに乞うご期待。■
▲5ゴールで一気に得点王争いに加わったタンヤオ選手

▲突然の珍客(カマキリ)と戯れるモト選手とF.C.SAUMAゴウト選手

▲残る試合はあと1試合。激化する得点王争いは誰の手に?

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.