HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

12.7.1
フェイクス百貨店サマーセール開催/GBPL第2節
 どこよりも早い季節先取りサマーセールを実施したフェイクス百貨店。1失点、2失点は当たり前。最大3失点の出血大サービスで、勝ち点を求め来店する相手チームを喜ばせた。

 6月23日、ボンフィンフットサルパーク落合南長崎で行なわれたGBプレミアリーグ第2節。開幕戦の出遅れを挽回すべく意気込んだものの1勝1分3敗。前節を更に下回る残念な結果に終わった。

 主戦場の千住よりも狭いコートでの開催とあって、走れないスタミナ枯渇のフェイクスにも勝機がある筈だったが、むしろ広いコートでは目立たなかったミスが露呈。F.C.SAUMA、エスコルピィと続けて0-3の惨敗スタート。甦りクラブ戦ではシイバシ選手の2節連続ゴールで何とか引き分けに持ち込むも、SWEEPS戦でまたも0-3。すっかり格好の勝ち点献上チームとなってしまった。

 「パスは弱くプレイに意図が無い。試合の流れを読んだ動きも皆無で、惨敗は当然の結果」と、S.O.R.との最終戦を前にフロント陣が覇気のない選手達を叱咤。その甲斐あってか、タンヤオ選手の決めた1点を守り切り何とか勝利でこの日を締め括ったものの、2節続けての低迷はもはや根深い部分の問題となりつつある。

 「点は取れないし守れない。練習でやってない事は試合では絶対出ないし、試合を想定してない練習は練習じゃない。今の状態ではリーグのお荷物になる日もそう遠く無い」(荷物宅配業者)

 フェイクスのスーパーセールはこのまま続いてしまうのか。お客さま第一主義。更に金利手数料も負担している様では、最終節を前に経営破たんしてしまう。従業員の意識を上方修正し、借金回収に挑む為にも、まずは地下食品売り場から充実を図らなければならない。■


→GBPLオフィシャルサイト


→GBCLオフィシャルサイト
▲力の無いパスは相手選手の格好の餌食に

▲開幕戦に続き得点を決めたシイバシ選手

▲SWEEPS戦でこの日三度目の0-3。5試合10失点と守備が崩壊

▲2節10試合で僅か3得点。リーグ序盤で早くも窮地に立たされた

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.