HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

12.11.20
明日につなげる無敗フィニッシュ/GBPL第6節
 総合4位。11月10日、GBプレミアリーグ2012シーズンの最終節が行なわれ、週末ヒロイン・フェイクスは、僅かな期待空しく2年連続のGBチャンピオンズリーグ出場は成らなかった。それでも2勝3分無敗と今季最高の成績を残した選手達は、晴れやかな表情でシーズンを締め括った。

 序盤のF.C.SAUMA戦、エスコルピィ戦を共に引き分けた時点で早々と3位以上の可能性が消滅。元々、全勝もしくはそれに準ずる成績を残す事が大関昇進の最低条件だっただけに、「そんな条件マジ無理」的な選手達に気負いや落胆の表情は無く、最終節ぐらいは満足のいく結果で終わらせたいという集中力が最後までチームを支え続けた。

 3戦目の甦りクラブ戦では、流れからの得点で2-0の快勝。1点リードを許したSWEEPS戦では、相手GKが飛び出したガラ空きのゴールにリュウジ選手がロングシュートを叩き込みドロー。最終S.O.R.戦も、今シーズンの活躍を象徴するシイバシ・スドー両ルーキーの得点で勝利。5戦無敗。失点僅か1。他チームの皆様からのプレミアムモルツなお歳暮感は完全に払拭出来ないが、最後の最後で今シーズン最高のパフォーマンスを見せた。

 「(3位の可能性は)相手チームの結果次第だったので、そこにこだわらず自分達のプレイに集中できた事が良かった」と、暗い表情ばかりだった選手達にもようやく明るい笑顔が浮かんだ。

 「今季は、思うようにメンバー召集が出来ず、しかも後半は故障者も続出する厳しいシーズンだった。最後に好結果を残せた事はきっと明日につながると思うし、つなげなくてはいけない」(クラブフロント)

 腑甲斐無い無気力相撲が目立った2012シーズンだったが、選手達も最終節の結果を足掛かりに再起を胸に期している。来場所こそ、ももいろでクローバーなシーズンになる事を期待したいZ。■


→GBPLオフィシャルサイト


→GBCLオフィシャルサイト
▲不吉の前兆か?試合前にジャンボ選手の靴ひもがブッツリ

▲今シーズン一番の集中力で相手の攻撃を凌ぐ

▲SWEEPS戦。リュウジ選手の超ロングシュートで引き分けに

▲腰痛から復帰したジャンボ選手は5試合1失点の活躍

▲総合4位。課題山積ながら最終節無敗で今シーズンを締め括った

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.