HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

13.7.1
いつやるの?いつでしょう?/GBPL第2節
 走り負け。いや正確には走っていたのは相手チームの選手だけだった。

 5月18日、フェイクス主催のプチフットサルリーグ「GBプレミアリーグ」2013シーズンが開幕した。大々的な「ファイナル」宣言で注目を集める今シーズン。「リーグ初優勝⇒勝ち逃げ」の必勝コンボを目論むフェイクスだったが、そんなあざとい思惑とは裏腹なしんがり最下位スタートとなった。


 ...と、ここまでは敢えて前節のコピー&ペーストでデジャブ体験を味わって頂いたが、日付を6月22日に変更するくらいで、全文そのまま転載しても何ら影響の無い内容でリーグ第2節を終了。早くも最下位街道を箱乗り夜露死苦爆進中だ。

 今節はリュウジ選手、モト選手がチームに復帰。前節問題視されたスタミナ不足も人海戦術で乗り切れる公算だったが、終わってみればまたしても未勝利&無得点(3分2敗)。特に2節連続での無得点は深刻で、得点感覚を忘れてしまった選手達からはやりきれない止まらないえびせんオーラが放たれていた。

 それでも、現時点で既に選手達の中に危機感があるという点では、過去シーズンよりも可能性を見いだす事ができる。実際、失点は10試合で6と決して悪くない。引き分けの数が最も多い事を考えると、何かを切っ掛けに紙一重の状況をプラスに転換する事が出来るのではないか。そのひとつが「得点」という事になる。

 「選手達に守備から攻撃、攻撃から守備に移るイメージが出来ていない。この状況を打開するにはスムーズな攻守の切り替えが不可欠。点を取れば即上昇気流に乗れるという訳では無いが、チームの雰囲気は間違いなく向上する筈」(クラブフロント)

 宇宙の彼方イスカンダルへ置き去られた得点感覚を思い起こし、まずは1点。そして初勝利。次節は早くもリーグ折り返し。いつやるか迷っているうちにリーグはあっという間に終了してしまう。コピー&ペーストすべきは1点1勝の積み重ねだ。■


→GBPLオフィシャルサイト
▲開幕戦に続き3分2敗。内容は悪く無いがとにかく点が取れない

▲絶好機のミスにこれでもかと肩を落とすミッキー選手

▲試合後お互いの健闘を称えあうモノノフ達

▲いつやれるの?

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.