HOME NEWS CLUB SQUAD RESULT HISTORY FANZONE LINKS


2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

13.7.27
今季初得点&初勝利も最下位で折り返し/GBPL第3節
 国境の長いトンネルを抜けると、また長いトンネルであった。

 7月20日、自主リーグ「GBプレミアリーグ」第3節に臨んだ雪国まいたけフェイクスは、この日2試合目のS.O.R.戦で今季初勝利。無得点未勝利の長いトンネルは11で止めたものの、その後は3連敗。またもや新たなトンネルに突入し、ダントツ最下位でリーグ前半戦を終えた。

 シイバシ選手のミドルシュートが豪快に決まった瞬間、選手達のフラストレーションが一気に大放出。勢いそのままにミッキー選手が追加点を挙げ、今季12試合目で待望の初勝利を挙げると、会場中がフェイクス初勝利の喜びと安堵に包まれた。それは、2節続いた未勝利状態が、如何にリーグ全体を重苦しくしていたかを浮き彫りにする瞬間だった。

 「1点取れば変わる。そう信じてたんだ。あの頃の僕らは…」

 おまっとさんの初勝利で反撃の狼煙を上げたかに見えたフェイクスだったが、勝てないまでも失点を最小限に抑えていたプレイがこの日は全く見られず、集中力散漫な凡ミスの連発。こっちを立てればあっちが立たずで1勝4敗。なるほど・ザ・ワーストな内容に「1度食事に行ったくらいで彼氏面しないで」な現実を叩き付けられる結果となった。

 次節まで約2ヶ月の避暑中断に入る事は、チームにとってラッキーだったと捉えるしかない。問題点、改善点はハッキリしており、あとは選手達の意識改善あるのみ。悲願のリーグ優勝はもはや風前の灯火。上位陣が混戦状態なのが僅かな希望だが、まずはこの混戦状態に飛び込めるだけの気合いと意気込みを彼等ににんにく注入しなくてはならない。

 GBPLファイナルシーズンも残りあと3節。ホストチームフェイクスの末路は一体?激闘のリーグ後半戦の様子はオフィシャルDVD「負け犬の煮え汁 Vol.13」(初回特典あり)に収録される。■


→GBPLオフィシャルサイト
▲今季12試合目にしてチームに初得点をもたらしたシイバシ選手

▲待望の初勝利に安堵の表情を見せる選手達

▲前節までの堅守から一転、バランスの悪さから幾度となくピンチを招く

▲1勝4敗。後半戦に向けて必要なのは選手一人ひとりの意識改革だ

一覧へ戻る

MAIL
club slogan
HOME SHIRT
創設10周年プロジェクト




HOME NIL NIL


HOME

NEWS

CLUB
クラブ概要
今後の日程

SQUAD
選手一覧
サテライト選手
往年の名選手


RESULT
試合結果
得点ランキング

HISTORY
クラブの歴史

FANZONE
サブコンテンツ


LINKS
リンクについて
リンク集

BBS
フェイクス掲示板

お問い合わせ
(C)2001-2014 FAKES UNITED FC. ALL RIGHTS RESERVED.